糸魚川市紹介

※当サイト上に情報を掲載するにあたり、正確な情報を提供できますように細心の注意を払っておりますが、各情報については内容が変わっている場合がございますのでご容赦ください。

観光スポット

フォッサマグナミュージアム

フォッサマグナミュージアム

糸魚川市 一ノ宮1313(美山公園)
JR糸魚川駅から車で約10分、 北陸道 糸魚川ICから約10分
開館:9:00~16:30(休館日:月曜、祝日の翌日)
岩石の宝庫、糸魚川やその周辺地域から産出されるヒスイや様々な鉱物、化石、岩石、国産の水晶等のほかに、世界中の鉱物、化石、隕石など約1,000点が展示されているほか、地球やフォッサマグナ(大地溝帯)の成り立ちを紹介。受付から展示室までは日本海を望む展望廊で、眺めも良いです。
約5億年前にできたヒスイから、今なお活動を続ける焼山火山から噴出した火山岩まで、新潟県最古と最新の大地の歴史が凝縮されています。

橋立ヒスイ峡

橋立ヒスイ峡

糸魚川市大字橋立
青海川上流・橋立(国指定天然記念物)真砂橋から上流477mに大小のヒスイ原石が点在し、山々や渓流と共に美しい景観です。
国の天然記念物「青海川の硬玉の産地」。硬玉の部分は、緑色または淡紫色の縞状をしています。また、大小約40個のひすい原石が点在しています(ヒスイを持って帰ることはできません)。野生動物も多く、鹿・たぬき・猿・リスなどに遭遇する事も。ヒスイ峡の道中にある青海川は、夏場でも水が冷たく、水もきれいな穴場スポットですが、夏は夕方になるとアブがやってきます。大群で襲ってくることもありますから、日の高いうちに引き上げるようにしましょう。
営業時間:日の出から日没まで(初夏~秋 以外は休業)

弁天岩

糸魚川市大字能生
国道8号線沿いにある、能生海岸のシンボルです。海の神様「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」が奉られている、能生白山神社の末社があります。弁天岩にかかる真っ赤な曙橋を渡り、険しい岩を登れば、灯台があり、シーサイドラインも一望できます。灯台の麓には漁師が信仰しているほこらがあります。ここ弁天岩では、夏は海水浴や磯遊びもできます。(水も透明度があって綺麗です)釣りスポットとしても知られ、6~10月は磯や沖合でキジハタが、7~9月は赤イカの釣果も期待できます。ボート釣りや磯釣りも可能。

温泉

姫川温泉

糸魚川市大字大所885-1
窓からは姫川の渓谷や白馬山麓の山々を眺望できる、大自然に囲まれた、湯量が大変豊富な温泉です。オススメはホテル国富翠泉閣さんです。
糸魚川ICから白馬方面に向かう途中の山道を少し左に入っていった所にあるので、冬は雪道運転に不慣れだと厳しいかもしれませんが、部屋や温泉から見える一面の雪景色は圧巻であります。ホテルからは大糸線の電車がちょうど山間のトンネルから出てくるところが見えるので、電車好き・写真好きの方にも良いと思います。食事・接客等も定評のある温泉宿です。温泉ですが、ひたすら天然温泉が湧き出て、大量・豪快に掛け流しされています。風呂場の床は茶色に変色しています。常に浴槽から温泉が溢れている状態で、大きな浴槽とたっぷりの温泉は気持ち良いです。姫川の巨石を用いた露天風呂も、大量に掛け流しされています。船室は無臭で、若干の金属味があります。お湯がやわらかく、肌の弱い方でも気持ちよく入れるお風呂です。

フォッサマグナ糸魚川温泉 足湯

糸魚川市大野298-1
営業時間:終日利用可 定休日:なし
近くに熱湯が吹きあがる噴泉池があり、独特のアブラ臭もあって圧巻です。足湯の方は、お湯の温度はちょうど良いです。腰掛け用の木枠で囲まれた、浅い浴槽で向かい合って足湯につかる事ができます。近辺に温泉付きの宿泊施設はありますが、宿泊では無いなら、観光のついでに立ち寄って足湯で温泉を堪能するのも、良いのではないでしょうか。足湯入浴は無料です。屋根無しの足湯ですので、晴れた日にどうぞ。

スキー情報

シャルマン火打スキー場

道シャルマン火打スキー場

新潟県糸魚川市西飛山1821
日本海から近いですが、妙高エリアから山を隔てた逆側にあるため、豪雪地帯でも有名です。そのため、毎年5月上旬頃まで滑走可能です。また日本海側沿岸のスキー場では珍しく、パウダースノーを味わう事もできます。 スキー場内は、危険区域を除くすべての敷地を滑走可能としているので非圧雪エリアが多く、コースパターンは30以上あり、大自然と思う存分戯れるにはもってこいのゲレンデです。上級者やエクストリームスキー・オフピステ愛好家に絶大な人気があり、普通のゲレンデに飽きた方にも、オススメです。

糸魚川シーサイドバレースキー場

新潟県糸魚川市大字山口151-1 糸魚川IC下車、国道148経由 約15分
営業日:12月中旬~4月上旬頃
晴れた日には日本海が見渡せる、数少ないスキー場です。山頂からは日本海が一望でき、天気が良ければ遠く佐渡島まで見る事ができます。初心者の方や家族連れにオススメのスキー場です。コンパクトながら、最大斜度38度の急斜面コースもあります。ゲレンデに隣接しているホテル「ホワイトクリフ」の温泉は、入浴すると本当に肌がツルツルすることから「美人の湯」と呼ばれ、美肌促進に効果があるとされています。地元根知産のそば粉100%使用の「名物手打ちそば」もあります(要問合せ)。

キャンプ場

青海グリーンパーク親不知

糸魚川市大字外波952
北陸自動車道 親不知ICから車で20分
道の駅 親不知ピアパークからは約4km、標高430mの高台にあるキャンプ場。池の周りには四季折々の花が咲き、環境の良いワイドな公園です。
園内の池ではボートもあり、ボートでのバス釣りも楽しめます。また、電気は総てソーラー発電という、環境保護を考えた公園です。
公園内にはアスレチック・バンガロー・温水シャワー設備・炊事棟などがあり、気軽にキャンプを楽しむことができる。林道を登ると大平峠がありますが、そこから日本海が一望できて絶景です。

高浪の池キャンプ場

糸魚川市小滝19336
北陸自動車道糸魚川ICから国道148号で松本方面へ。糸魚川ICから約19km分
隣接する高浪の池でボートに乗ったり、鯉やフナを釣ったり、昆虫採集など家族でゆったりとすごせる、標高540mの場所にあるキャンプ場です。場内には貸しテント、薪、温水シャワー、トイレ、炊事棟・アスレチックなどの施設がありますが、バンガローは無いです。夜の空は、手が届きそうなほどのたくさんの星が一面に広がります。
少し車を走らせれば、ヒスイ峡フィッシングパークでイワナやニジマス釣りも楽しめる。国内最大のヒスイの産地で国指定天然記念物の『小滝川ヒスイ峡』や、明星山の大岩壁など見どころもたくさん。

釣り

親不知漁港

親不知漁港

堤防にはテトラポットポイントがあるが、テトラのないポイントでアジ・アオリ・クロダイなど狙えます。近くに道の駅『親知らずピアパーク』があるので、駐車場やトイレも安心で、いつも釣り人で賑わっています。ファミリーフィッシングにも適してます。投げ釣りもキス、カレイ、アイナメ、マゴチ、キジハタ、ホウボウ等々、魅力的で良型が期待できる。大きい魚が掛かってもいいように、仕掛けは太目の方が良いです。

姫川港

新潟県南部を代表する港。周辺地域で産出される、良質な石灰石を利用したセメント工業と共に発展してきた港です。昔は西堤防の付け根の難関の柵を越えて堤防に行けたが、現在は立ち入り禁止のようです。キスは夏場はもちろん、1・2月の真冬でも稀に越冬ギスが釣れることがあります。秋~春にかけてのカレイも実績が高い。ほかにもマゴチ、キジハタ、ハゼなども良型が期待できる。大型船が出入りするので、やや釣りづらいですが船が来たら潔くどきましょう。ゴールデンウイークの頃には、ホタルイカが接岸します!
投光器を並べたイカすくいの人がたくさんやって来ます。

道の駅

マリンドリーム能生

新潟県糸魚川市大字能生小泊3596-2
北陸自動車道能生ICから国道8号線、新潟方面へ約5分
通称『日本海夕日ライン』の国道8号沿いにあります。能生漁港が隣接しているので、とれたての海の幸がいっぱいです。
子供向けのアスレチック・日本海を望む展望スポット、巨大な風車もあり(施設内の電力供給に風力発電を使用している)休憩にはもってこいの場所です。かにや横丁には特産ベニズワイガニの直売所が並び、その場で食べられます。カニのサイズごとに値段が付いてますが、例えば「予算3千円で、2人分」でお願いすると、適当にサイズを割り振ってみつくろってくれます。
テーブルが混んでる時は、お店の裏の海沿いの公園の芝生に座って食べるのも良いです。
隣の能生漁港で捕れた地魚も売っています。かにや横丁はカニしか売っていないので、魚を食べたい方は、車でドライブがてら 『吉川鮮魚店』さん、『翆家 かわせみ』さん辺りもおススメです。

親不知ピアパーク

新潟県糸魚川市大字外波903-1
北陸自動車道親不知ICより車で約2分
この道の駅からは、親不知の険しい断崖絶壁と海にせり出す北陸道の高架の連なりを見ることが出来ます。敷地内の翡翠ふるさと館では翡翠について紹介しています。そのほか、鮮魚が豊富な「おさかなセンター」や売店、軽食堂、お食事処があります。また目の前の海岸は、夏は海水浴場で、魚が泳ぐ姿が見られるほど透明度が高いです。翡翠探しなどして、海に入れなくても楽しいです。お食事処 漁火は、日本海が一望できる眺めの良さです。地魚中心で、漁師さん直送の新鮮なお刺身が食べられます。
駐車場から3分ほどの場所に親不知コミュニティロード展望台があります。
徒歩1分先に「砥の如く矢の如し」のレリーフも見られます。駐車場脇から旧北陸道(海ぎわ)にも降りられます(荒天時は危険かも)謙信、景勝、兼続も時間と体力を費やして通った道かと往時を偲ぶと、命がけの道だったと実感できます。(現代の感覚だと立ち入り禁止場所です)。酷道マニアの方にはお勧めです。